武生国際音楽祭へ。 珠寶さんへ衣装のご協力

September 18, 2018

 

 9月12日

 

福井県の武生で20年以上にわたって続く音楽祭があります。

 

毎年、この音楽祭でお献花を執り行う花士、 珠寶(しゅほう)さんへ身に着けていただく

 

特別なジュエリーの制作をしました。

 

 

 

会場となる引接寺へ。1400年代に建立された歴史ある武生のお寺です。

 

入念なリハーサルのあと、衣装を合わせ、本番へと備えます。

 

 

PLANT / PLANTがご用意したのは、

 

厳かなお寺のなかで、静かにリーーンと鳴る髪飾りでした。

 

 

 

 珠寶さんは、水面からすっと伸びたアヤメのように一本の美しい線のある人。

 

髪を留めるかんざしは、そんなイメージで制作しました。

 

 

 

大きな白磁が連なる髪飾りは、体を動かすたびに、リン、チリン、と美しい音が鳴ります。

 

  

 

これから執り行われるお献花のなかで、どんな音が鳴ってくれるのか

 

未知のワクワク感は、普段味わうことのない経験です。

 

 

 

静まり返る本堂のなかで、雅楽の演奏が始まります。

 

それも、アコーディオンとリコーダーという、雅楽のイメージと遠い楽器で演奏されます。

 

いつの時代の、どこにいるのか、そういう感覚がなくなるような

 

ある種、異様な、不可思議な空間のなかで、 珠寶さんのお献花が始まります。

 

 

 

神さまに花をささげるという行為を通して、

 

観る側はそれぞれに、そこにある時間と空間に身を浸し、

 

ある人は神さまを見て、ある人は枯れゆく花に時間の終わり見て、ある人は・・・・

 

 

 

音楽の終わりとともに、みながいま、何を見ていたのだろうと我に返る。

 

歴史あるお寺のお堂の中に繰り広げられた一夜の世界は、

 

誰もの心に一つの異空間をつくって幕を下ろします。

 

 

 

 

 

 

 

 

海外からもたくさんの音楽家が来場していて、

 

みなさん思い思いのご挨拶を 珠寶さんにしています。

 

PLANT / PLANTにとっても、新しいこころみに参加させてもらって

 

貴重な経験となりました。

 

今後の 珠寶さんとのジュエリーにご期待ください。

 

 

 

武生国際音楽祭

 

http://takefu-imf.com/

 

 

 

花士  珠寶さん

 

http://www.hananofu.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

PLANT / PLANT

shop hour 13:00 - 19:00

(Close / Tue. & Wed.)

tel. +81 3 5779 6063

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

© PLANT / PLANT プラントプラント. All rights reserved.

0